トップ » 技術記事 » Ruby

サイトマップ

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(6) - 第7回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。8/24(日)に第7回 RHG の逆襲(Ruby 1.9 のソースコードを読む勉強会)が行われました。前回は参加できなかったのですが、今回は参加することができたので、その勉強会の内容をレポートします。

[続きを読む]

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(3) - 第5回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。6/8(日)に第5回 RHG の逆襲(Ruby 1.9 のソースコードを読む勉強会)が行われました。前回に引き続き今回も参加したので、その勉強会の内容をレポートします。

[続きを読む]

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(4) - 第4回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。5/11(日)に第4回 RHG の逆襲(Ruby 1.9 のソースコードを読む勉強会)が行われました。第3回に引き続き今回も参加したので、その勉強会の模様をレポートします。

[続きを読む]

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(2) - 第3回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。4/6 に第3回 RHG の逆襲(Ruby 1.9 のソースコードを読む勉強会)が行われました。第1回第2回に引き続き今回も参加したので、その勉強会の模様をレポートします。

[続きを読む]

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(1) - 第2回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。2/24 に第2回 RHG の逆襲(Ruby 1.9 のソースコードを読む勉強会)が行われました。第一回に引き続き今回も参加したので、その勉強会の模様をレポートします。

[続きを読む]

RHG 片手に Ruby 1.9 を読む集い(The RHG Strikes Back)に参加した(1) - 第1回 RHG の逆襲 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。昨年末の Ruby 1.9 がリリースにあわせて、Ruby の処理系を理解するためのソースコード読書会「The RHG Strikes Back」が行われました。本記事では、そのイベントの模様を簡単にお伝えします。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(8) - まとめ はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回までで Rails を適用した開発におけるモデリング手法を紹介しました。本連載は今回で終了ですので、Rails とモデリングに関するに関するまとめを行います。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(7) - 実装編(モデルを実装に落とし込む) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図の作成方法を紹介しました。今回も同様の視点から作成したモデルを実装に変換する手順について紹介します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(6) - 分析・設計編(ER 図の実践) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。今回は前回に引き続き、「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図について紹介します。前回は、「なぜ ER 図を使うのか」「ER 図とは何か」を紹介しました。今回は、実際に Rails を意識した ER 図の書き方を本記事の事例に沿って紹介します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(5) - 分析・設計編(ER 図) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は「意識的に効率的な開発を行うこと」ことについて説明しました。今回と次回は、「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図を紹介します。今回は、ER 図を、「なぜ ER 図を使うのか」「ER 図とは何か」という観点から説明します。

[続きを読む]

執筆者一覧