トップ » 技術記事 » Rails

サイトマップ

Rails勉強会@東京第27回に行ってきた はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。東京では「Rails勉強会@東京」という Ruby on Rails に関する勉強会が行われています。2/17(日)に第 27 回が行われたので、本記事ではその模様をレポートします。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(8) - まとめ はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回までで Rails を適用した開発におけるモデリング手法を紹介しました。本連載は今回で終了ですので、Rails とモデリングに関するに関するまとめを行います。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(7) - 実装編(モデルを実装に落とし込む) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図の作成方法を紹介しました。今回も同様の視点から作成したモデルを実装に変換する手順について紹介します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(6) - 分析・設計編(ER 図の実践) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。今回は前回に引き続き、「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図について紹介します。前回は、「なぜ ER 図を使うのか」「ER 図とは何か」を紹介しました。今回は、実際に Rails を意識した ER 図の書き方を本記事の事例に沿って紹介します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(5) - 分析・設計編(ER 図) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は「意識的に効率的な開発を行うこと」ことについて説明しました。今回と次回は、「これまでの分析設計を確実に Rails での開発につなぐこと」をテーマに、ER 図を紹介します。今回は、ER 図を、「なぜ ER 図を使うのか」「ER 図とは何か」という観点から説明します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(4) - 分析・設計編(フィーチャと解決領域のマッチング) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は、効率的な開発を検討するための最初のステップとして、フィーチャモデルの作成方法を紹介しました。今回は、このフィーチャを解決領域の技術要素にマッチングする方法を紹介します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(3) - 分析・設計編(フィーチャモデリング) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は「何を作るのか明確にする」観点でユースケースモデリングの紹介をしました。今回と次回は「どうすれば少ないコストでシステムを作れるか」という点について触れます。今回は、効率的な開発をする前準備として、フィーチャモデリングについて説明します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(1) - 分析・設計編(ユースケース図とユースケース記述) はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

どうも、あかさたです。前回は、Ruby on Rails を使った開発を効率化するためにモデリングを混ぜた開発プロセスが有効という話をしました。今回からは、実際にソフトウェアを開発します。本記事では、「何を作るのか」に注目しながらユースケースを作成します。

[続きを読む]

Ruby on Rails によるシステム開発をモデリングで効率的に行う(1) - 概要編 はてなブックマーク数 このエントリーをブックマークに追加

Ruby on Rails は大変優れたフレームワークです。DB のスキーマさえ作ってしまえば、開発を高速に進めることができます。しかし、Rails は「どんなソフトウェアを作ればいいのか」教えてくれるわけではありません。この問いに答えるために、開発者は自分で分析を行わなくてはなりません。

何を作るのかを考える場合、モデリングはよい道具になります。しかし、一般的な UML 本などに載っている開発プロセスなどは、重厚すぎて Rails を対象とするような小さな開発を行う際に、コストの面で不安があります。本連載では Ruby on Rails 用に使用する図や手順を絞り込んだ実用的なモデリング手法を、実際に Rails アプリケーションを作成しながら紹介します。

[続きを読む]

執筆者一覧