トップ » 技術記事 » OpenSocialを始めよう(3) - 5分で学ぶGoogleガジェット開発

OpenSocialを始めよう(3) - 5分で学ぶGoogleガジェット開発

タグ: Googleガジェット OpenSocial sns

2分目: ソースコードの書き方を教えて!

では、ガジェットのソースコードをどうやって書いていけばいいかと言うことをお話ししましょう。先に述べたとおり、ガジェットのソースファイルはXML形式です。XMLファイルの全体像をざっとつかむために、Googleガジェットで使用するXMLタグの要素名をツリー形式で記述してみましょう(主なもののみ)。

  • Module ・・・ルート要素
    • ModulePrefs ・・・ガジェットのメタデータを記述
    • Require ・・・ガジェットが必要とするライブラリ
    • Locale, MayRequireなどその他のタグ
  • UserPrefs ・・・ガジェットが必要とするユーザ設定
  • Content ・・・HTML/JavaScriptなどでガジェットの内容を記述する

さらに、この中で必須の要素と言えば「ModulePrefs」と「Content」だけです。と言うことは、ガジェットのソースコードはだいたいこんな感じになると言うことです。

<Module>
  <ModulePrefs .../>
  <Content ...>
     HTML/JavaScriptでページの内容を記述
  </Content>
</Module>

どうですか?結構簡単そうじゃありませんか?

Series Navigation«Orkutを使ってみよう

1 2 3 4 5 6 7

執筆者紹介

shiraishi

shiraishi

最近書いてばっかりいます。 眠いとおんなじことばかり書きます。 そして、大概眠いです。

TrackBack URL :